htc z ファーストインプレッション

事前に店頭でチェックしていたとはいえ、実に大きさが手ごろでキーボードも押しやすい。普通の携帯と比べると若干重たいが、ポケットにいれてもちあるいてもなんとかOKなくらいの重さだ。

携帯電話といっても十分に通じる大きさなので電話をかけている姿が不自然ではない。ドコモのアドレス帳を直接移しかえるのが面倒だが一度移し変えてしまえば電話として利用するのに何ら不便がない。ただデフォルトの着信音はあまりにかっこわるいので早めにかえておくことをおすすめする。

ボディのあちこちにいろんなボタンがついている。ボディ前面の上部についているメールマークとIEのマークがある部分も実はボタンになっている。押すとそれぞれメーラーとブラウザが立ち上がる。覚えてしまえば便利そうだ。

肝心の動作速度だが、ほかのレビューには、じゃっかんもっさりとした動作、と書かれていたが、実際につかってみると、きびきびまではいかないが、もっさりというほど遅くもない。ほどほどの反応速度で動作しているようだ。(まだカスタマイズ用のソフトをあまりいれていないからかもしれないけど)

Windows MobileのUIになれる必要があるが、このサイズで、このキーボードの入力のしやすさであれば、しばらくの間HTC Zにお世話になりそうだ。

(2006/12/28)

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)